ハッピードリームサーカス 開催決定!

投稿日:

仲良くさせてもらっているパフォーマー達の
ハッピードリームサーカスが7月10日から開催されることが決まりました。
3カ月ぶりの開催です。長かったですね。

パフォーマは、芸を楽しんでもらう事を生きがいにしています。
観客のいないステージでの練習は、やはり元気がないように見えました。
これから一気に盛り上がって、笑いと興奮のショーを見せて頂きたいです。

全編撮影しても良いサーカスです。

筑豊公演
2020年7月10日(金) ~ 9月22日(火)
飯塚市地方卸売市場(旧魚市場跡地) 大テント特設会場

活動再開の お知らせ

投稿日:

コロナの影響で長らく開催を中止していましたが、一部のサークルを除いては6月から再開します。
活動自粛で撮影のモチベーションが下がっているので、再開一回目は、講評を中心に仲間の写真を見て活力を養いたいと思います。

再開にあたって、入り口での手の消毒、人同士の距離を十分保つ、教室の換気、終了後の消毒と万全の体制で行います。

マスクを着用してご参加ください。

コントーション ムービー撮影

投稿日:


コロナの影響で、軒並み教室が休校になったので、佐賀で公演しているハッピードリームサーカスにムービーの撮影に行きました。
4k60p(約800万画素1秒間に60枚)に対応しているパナソニックのDc-G9で撮影したのですが、4k60pの撮影ができるスチールカメラは、パナソニックとフジしかありません。ソニーの50万円もする最新機種でさえ30pです。最終的にはFullHD24pに書き出したのですが、4k60pで撮影する利点は、スローが滑らかになる事と、編集でズームしても画質が荒れないことです。暗かったので、ピントが合いにくかったのですが、それ以外はストレスなく撮影できました。
編集はそれなりに大変ですが、作品を作り上げるのは楽しいです。
この機会にムービーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

銀陽会写真展

投稿日:

福岡銀陽会写真展を開催しています。

開催場所は、福岡の写真好きならお馴染みの珈琲処おがたです。

全紙の作品を19枚展示しています。

何卒ご高覧ください。

3月16日(月)~3月27日(金)

平日/9:10~19:00

土/10:30~18:00

日、祝日は休み

珈琲処おがた

福岡市中央区天神2-8-41 福岡朝日会館ビル1F

手のパーツモデル募集

投稿日:

手のパーツモデルを募集します。
おしゃれな爪磨き用品のサイトで使用する写真の撮影で、福岡市内での撮影を予定しています。

写真のように手が綺麗で指も長い方は、
20代で身長が高めの方でしょうか。

報酬は半日で、税込み10,000円です。
fpc☆buffa.net(☆マークを@に置き換えください)まで、
手の写真を添付してご連絡ください。

 

 

 

第60回 西日本フォトコンテスト

投稿日:

第60回西日本フォトコンテスト

締め切り:令和2年2月28日(金)

 

送り先:〒810-0001

福岡市中央区天神1-4-1

西日本新聞イベントサービス内

西日本写真協会「第59回西日本フォトコンテスト」係り

電話:092-711-5491

 

審 査:令和2年3月8日(日) 西日本新聞社 会議室予定

公開審査参加希望の方は、はがきに住所、氏名、電話番号を記入し上記係りへ送付

 

【応募規定】

・題材:自由

・種類:単写真・組写真

※組み写真は3枚以内で番号をつける(横組の場合は左右も記入すること)

・サイズ:モノクロ・カラーともに四つ切り(ワイド四つ切りも可)デジタルはA4も可

(データでの応募は不可

 

【応募資格】 一般と大学生以下の部

・西日本写真協会会員と大学生以下の部は無料。

・会員以外の一般応募は作品1点につき1000円の出品料が必要。

 

「出品料の送り先」

・郵便局の振込用紙(青)利用の場合 加入者名:西日本写真協会 口座番号:01730-4-3214

・現金書留または定額小為替の郵送は上記住所へ

※現金や定期小為替作品と同封不可

・招待作家(本コンテストで過去3回優秀賞以上に入賞した者)は応募できない

 

【応募要領】

・トリミングや明るさ調整、色調整、比較明合成(星空、ホタル撮影等)の画像処理は可。

その他の合成や削除、アートフィルターを使ったレタッチ不可

・応募点数に制限はないが、未発表の作品に限る

・過去5年以内に撮影された作品

※組み写真はその中に前記の撮影期間内のものを最低1枚含むこと

・西日本写真協会の例会で選出され、紙面掲載された作品および支部の作品展に展示された作品は出品可能。

ただし他のコンテストには出品できません。また二重応募不可

・撮影の際、被写体となる人物の同意を得ること

・入選以上の作品の使用権は主催者に帰属し、同意なしでは使用できない。

・優秀賞以上は原版またはデータを提出すること

・当コンテストの応募封筒に年会費、出品料、「読者の作品」の写真は同封しないこと

・応募作品の裏面に応募表を貼ること  ※応募表は自作可。

応募表の内容:住所、氏名、電話番号、画題、撮影データ、撮影年月日。

(カメラ(デジタルORフイルム)、レンズ、感度、絞り、シャッタースピードなど)

会員は必ず地区と地区または支部名を明記すること。ない場合は出品料を請求することがある

・作品の返却を希望する方は、封筒の表に「返却希望」と明記し、応募表の返却希望に○をつけること。

選外作品のみ着払いにて返却する。(返却予定は5月中旬移行)。

 

【賞】   最優秀賞      1点(賞状、賞金20万円、副賞)

第60回記念賞    1点(賞状、賞金5万円、副賞)

優 秀 賞       8点(賞状、賞金3万円、副賞)

特  選       20点(賞状 賞金1万円、副賞)

入  選       50点(賞状、タテ)

大学生以下の部  優秀賞 1点(図書カード2万円

次点  3点(図書カード5千円)

 

西日本写真協会 総会で表彰式を行う

第70回 太宰府梅の撮影会と写真コンテスト

投稿日:

【モデル撮影会】

とき
令和2年2月23日(日)10:30~15:00(小雨決行)

ところ
太宰府天満宮一帯

集合場所
太宰府天満宮内絵馬堂

題材
モデルと梅、又は天満宮一帯の梅を主体とした自由作品。

指導員
西日本写真協会役員

 

【写真コンテスト応募規定】

サイズ
モノクロ・カラーともに四つ切り(ワイド四つ切も可)デジタルはA4も可。組写真不可。

資格
撮影会は一般参加も可。ただし、写真コンテストの応募は西日本写真協会会員に限る。

※当日入会者も応募可

締め切り
令和2年3月27日(金)必着

送り先
〒810-0001 福岡市 中央区天神1-4-1 西日本新聞会館10階

西日本新聞イベントサービス内「太宰府梅の撮影会」係 TEL 092-711-5491

審査
主催者で行う。

発表
4月下旬 西日本新聞紙上及び入賞者には個人通知。

 

①応募点数に制限はないが、未発表の作品に限る。

②応募作品の裏面に応募票を貼り付ける。

(住所、氏名、電話番号、画題、撮影データ、会員番号、地区・支部名を明記)

③佳作以上の作品の使用権は主催者に帰属し、同意なしでは使用できない。

④応募作品の返却はしない。

 

表 彰
推薦1点賞金5万円、特選1点賞金3万円、準特選3点賞金1万円、
入選10点 佳作20点

 

 

西日本写真協会 令和2年度会員 募集中

入会金 2,000円 年間会費 4,000円

お申込みは当日会場で受け付けます(又は西日本写真協会事務局まで)

令和元年度 博多区文化・芸術展

投稿日:

令和元年度 博多区文化・芸術展の出品作品が福岡アジア美術館で展示されています。

前年度に比べ出品数がかなりあり、入賞が難しいなか、サークルメンバーが多く受賞されたので、たいへん嬉しく思います。おめでとうございました。

表彰式の後、福岡県美術協会 専務理事の小林 敏夫 氏によるギャラリートークがあり、1点1点丁寧に講評して下さり勉強になりました。来年度に向けて作品を撮りためましょう。

区長賞

産まれた手 小畑 誠二 弥生フォトサークル

奨励賞

雨上がり 渡辺 進 板付フォトサークル

シャイな子 王 子敏 板付フォトサークル

影遊び 長野 広江 板付フォトサークル

譲り愛 谷川 吉輝 弥生フォトサークル

赤い渓谷 前田 博行 弥生フォトサークル

展示は2月4日(火曜日)まです。

初めての写真講座 プレオープン企画

投稿日:

仕事帰りの写真教室を開催します。
趣味としての芸術写真から、仕事で活かせる写真技術まで、ニーズに合わせて講座をします。

プレオープン企画として2月13日(木)19時から大名で “初めての写真講座” を開催します。
シャッタースピードや絞りなどの技術的な事は独学でも良いですが、センスに関する感覚的なことは学ぶのが近道です。写真講座を受けたことのない方や、ご興味のある方はぜひ体験してみてください。

お申し込みはコチラ

第35回 城南市民アート展

投稿日:
岡部政治 審査委員によるギャラリートーク

第35回 城南市民アート展が福岡市美術館で開催されました。
会長賞には、江川 恭子「水ぬるむ」が選ばれました。おめでとうございます。
多くの賞を福岡フォトサークルのメンバーが頂けて、嬉しく思います。

私共の作品のレベルが、城南区アート展のレベルでもあるので、城南区の代表であることを自負して、作品作りに励みましょう。

会 長 賞
江川 恭子 「水ぬるむ」 警固フォトサークル

優秀賞
鳥巣 雅一 「春の午後」 田島フォトサークル

特選
江上 典子 「いとしのレイラ」 田島フォトサークル

特選
谷脇 貴章 「勢い水,今年は大漁」 田島フォトサークル

奨励賞
梅橋 律子 「後世に託す」 田島フォトサークル

奨励賞
川平 京子 「魅せられて…瀬戸に架かる眼鏡橋」 田島フォトサークル

奨励賞
花田 美智代 「疾風の如く」 田島フォトサークル

奨励賞
外村 正三 「千年夜市のアート提灯展」 片江フォトサークル

奨励賞
平田 俊 「Jazz Life」 福岡フォトサークル