第41回 動物園写真コンテスト作品募集

投稿日:
福岡市動物園が動物や園内風景を題材にした写真コンテストを開催しています。
25点も入賞・入選点数があります。いろんな動物の写真が入選するでしょう。
猿はもっとも撮りやすいので、よほど良いシーンでないと入選しませんが、撮影しにくく、いつも昼寝している動物は出品数もないので、狙い目です。
通わないとですね。
募集期間は5月1日から6月30日までです。

・題材  

福岡市動物園の動物及び園内風景
・応募資格
プロ,アマ,年齢,住所は問わず,どなたでも応募することができます。
ただし,応募者自身が撮影したものとします。
・応募期間 
平成30年(2018年)5月1日(火)~6月30日(土)※締切日必着
・作品の条件
(1)規格
カラー又はモノクロで2Lサイズ以上A4・四つ切りまで(ワイド可)。
銀塩・デジタルどちらでも可(コピー用紙での出力不可。組み写真や加工不可。トリミング、色調整は可)
(2)応募枚数
1人3点以内で未発表の作品に限ります。
(3)撮影時期
平成29年7月~平成30年6月までに撮影されたもの。
(4)肖像権
人物が写っている場合,肖像権にご注意ください。肖像権侵害等の責任は,主催者では負いかねます。
・作品の取り扱い
(1)応募作品は返却しません。
(2)作品に添付された住所,氏名などの個人情報は,入賞のご連絡に使用します。
なお、入賞者の個人情報のうち,氏名,住所(市町村名と町名まで)については,
入賞者発表や作品紹介などで作品の画題とあわせて周知されます。
(3)入賞作品はネガ,ポジ,デジタルデータを提出してください。
(4)入賞作品の版権は主催者に帰属します。
福岡市動物園カレンダー・動物園ホームページなどの広報関係に利用することがあります。
・審査及び入賞発表
審査は,主催者で行い(7月下旬予定)入賞は西日本新聞紙上や動物園ホームページなどで発表予定(9月中旬予定)です。
入賞者には,表彰式日時(9月予定)を含め、主催者から直接通知します。
・入賞作品の展示 
動物園内に展示します。平成30年9月予定。
・応募方法
下の応募要領をダウンロード・印刷し,裏面の応募票を作品の裏面に貼付してください。
もしくは,下記の内容を記載する応募票を自作いただき,作品の裏面に貼付してください。
※応募票内容:画題/住所/氏名/年齢(学生の方は学年も)/電話番号/撮影年月/使用カメラ
※詳しくは応募要領をご覧ください。

平成30年度 第74回福岡県美術展覧会

投稿日:

写真部門の招待審査員は織作 峰子さんです。

織作 峰子さんは、テレビ出演や講演で幅広く活躍されている方で、大阪芸術大学の教授もされています。

スナップ、風景、水中、花などの様々なジャンルの写真を撮られる方で、近年は合成写真や、印画紙以外にもプリントをしているようです。

優美でありながらも、斬新で、構成の面白い作品が評価されると思います。

 

県展

H30.9/4(火)~9/30(日)

公募の部応募要項
趣旨
県民から広く作品を募集し、その優れた成果を展示することで、創造意欲を高め、美術を通した豊かな生き方を支援する。
あわせて、福岡県美術協会会員の作品を展示し、福岡県におけ る美術活動のより一層の充実をめざす。

部門
日本画/洋画/彫刻/工芸/書/写真/デザイン(7部門)

出品要領
出品点数 各部門とも1人2点以内。
同じ部門に2点出品する場合はそれぞれ出品申込書に明記し、同時に搬入してください。
出 品 料 1点 4,000 円 同一部門2点目 3,500 円 /高大生及び専門学校生 1点につき 3,000 円
※高大生及び専門学校生は受付時に「学生証」(写しも可)または「在学証明書」を提示すること。
証明書を提示できない場合は高大生及び専門学校生料金は適用できません。
※出品料は受付時にお支払いください。受付後の出品料は返金できません。
出品申込書 ○必要事項を記入して、受付時に作品と一緒にお持ちください。(記入例は最終ページ参照)
○出品申込書は1点につき1部必要です。郵送での受付はできません。

搬入
日時
写真8 月 4 日(土) 5 日(日)
午前 10 時~午後 5 時
場所
福岡県立美術館 福岡市中央区天神5-2-1(須崎公園内)

搬出
展示されない作品
日時
9 月 4 日(火)~ 9 日(日)
午前 10 時~午後 5 時
場所
福岡県立美術館福岡市中央区天神5-2-1
(須崎公園内)

福岡展で展示され巡回しない作品
写真
9 月 30 日(日) 午後 6 時~午後 7 時
10 月 2 日(火)~10 月 7 日(日) 午前 10 時~午後 5 時

巡回する作品
搬出日時や搬出場所等は別途該当者に連絡します。

○搬出入の手続きは、出品者または責任のある代理人が行ってください。業者搬入の場合は、搬入した業者が責任のある
代理人となります。
○搬出入の費用は出品者の負担とし、搬出入に必要な道具等は出品者が用意してください。
○搬出入の日時は厳守してください。搬出期限を過ぎても搬出されない作品については、保管の責任を負いません。
○展示されない作品の搬出初日 9 月 4 日(火)の午前中はたいへん混雑することが予想されます。時間に余裕を持ってお越
しください。

作品規定
写真
・単写真は全紙とし、75.0 ㎝×60.0 ㎝×厚さ 3.5 ㎝以内の木製枠張りマット加工とする。作品画像(窓抜サイズ)の大きさは、以下のサイズが確保されていること。
長方形サイズ:長辺の長さが 53.5 ㎝(増減幅±1.5 ㎝は可)、短辺の長さは自由。
正方形サイズ:一辺の長さ 45.0 ㎝(増減幅±1.5 ㎝は可)。
・組写真は、横 75.0 ㎝×縦 100.0 ㎝×厚さ 3.5 ㎝以内のタテ組(タテの展示)とし、木製枠張りマット加工とする。
1枚の作品画像(窓抜サイズ)の大きさは四切以上(短辺の長さは自由)とする。
・単写真、組写真いずれも額装並びにドライマウントは不可とする。
・雑誌、新聞、ホームページなどに掲載された作品は発表されたものとみなし不可。
・写真の内容、構図、構成、色使いなどが既発表作品と酷似しているもの、既発表作品に新しく画像処理を加えたもの、
他人が撮影した画像(フリーソフト等を含む)を使用した場合も不可。
・人物を被写体とした場合は、肖像権等の問題が生じないよう、出品に際して必ず本人の同意を得ておくこと。

留意事項
○移動・展示・保管が困難な作品については出品できません。(生き物・生花等を含む)
○応募規定に反した場合、著作権・肖像権などの問題が生じた場合には、入賞・入選を取り消したり、会期中でも展示を止
めたりすることがあります。なお、著作権・肖像権などの許諾は出品者が対応するものとし、主催者は責任を負いません。
○作品については、細心の注意をもって取り扱いますが、天災・不慮の事故等による損害は、その責任を負いません。また、
仮縁やマットは作品を保護するためのものです。移動等の過程で傷等が付くこともありますがご了承ください。

審査員
写 真
織作 峰子、内村 元博、徳永 俊郎、廣田 俊憲、吉塚 雄二

入選発表
平成 30 年 9 月 1 日(土)午前 9 時に、福岡県立美術館正面入り口付近に掲示するとともに福岡県立美術館のホームページにも
掲載します。当日は休館日のため、駐車場の利用はできませんのでご了承ください。なお、本人への通知は別途行います。
ホームページアドレス http://fukuoka-kenbi.jp/
※ 入選に関する問い合わせには、一切お答えできません。

賞 表彰式:平成 30 年 9 月 30 日(日)
●福岡県知事賞 ●福岡県議会議長賞 ●福岡県教育委員会賞 ●福岡県美術協会賞 ●朝日新聞社賞
●岩田屋三越賞 ●毎日新聞社賞 ●読売新聞社賞 ●西日本新聞社賞 ●県内各市長賞
●福岡市教育委員会賞 ●北九州市教育委員会賞 ●福岡ユネスコ協会賞 ●福岡県文化団体連合会賞
●福岡文化財団賞 ●九州産業大学造形短期大学部賞 ●特別奨励賞 ●奨励賞 (全 128 賞)

展覧会
県展(福岡県立美術館) 午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
※9月10日(月)、18日(火)、25日(火)は休館(展示替え)です。
※9月4日(火)は各部門の福岡県知事賞受賞者によるオープニングセレモニーを開催します。受賞作品の展示や、受賞者
による作品解説を予定しています。
部 門 会 期 (平成 30 年) 合評会
(県内審査員による入選・入賞作品についての講評)
1期 書 9 月 4 日(火)~ 9 月 9 日(日) 9 月 9 日(日) 午後 2 時~
2期 洋画 9 月 11 日(火)~ 9 月 17 日(月・祝) 9 月 17 日(月・祝) 午後 2 時~
3期 日本画・彫刻・デザイン 9 月 19 日(水)~ 9 月 24 日(月・休) 9 月 24 日(月・休) 午後 2 時~
4期 工芸・写真 9 月 26 日(水)~ 9 月 30 日(日) 9 月 30 日(日) 午後 4 時 30 分~

出品申込書

2018☆城南市民センター写真コンテスト

投稿日:

今年で6回目を迎える城南市民センター写真コンテスト。
今年のテーマ―は【残したいもの】です。
前年までは、センター来館者の投票により各賞を選出していましたが、
今年は、審査員による選出になります。
より芸術性の高い写真が評価されるでしょう。

募集テーマ【残したいもの】

応募締切
6 月24 日 (日)必着

対 象
福岡市在住、又は市内に勤務・通学する人

応募作品
四つ切、四つ切ワイド、A4サイズ
【いずれかのサイズに限る】
データ入稿は受付不可
カラー・モノクロ どちらでも可能
画像無修正に限る
(色彩調整等は可能。明らかに合成と分かるような作品は不可)
1人2作品まで

応募方法
城南市民センターへ郵送、又は直接持参

審 査
審査員より選出
入賞5点(予定)
入賞者には記念品を贈呈

主 催
城南市民センター指定管理者 九電ビジネスフロント・九州メンテナンス JV

作品展示
城南市民センター2階ロビー

展示期間
7月6日(金)~7月26 日(木)

入賞発表
7月 6 日(金)
センター2階ロビー掲示、及びホームページ

そ の 他
出品料は無料
写真を収める額は、当センターで用意
作品応募者には参加賞あり
希望者へは作品返却も可能

城南市民センター写真コンテスト応募用紙

 

第18回福岡県ねんりんスポーツ・文化祭「2018福岡県シニア美術展」作品募集

投稿日:

福岡県シニア美術展の作品募集が始まりました。
60歳以上のみなさんの作品を募集します。
原則として出品された全ての作品を、県立美術館で開催する「シニア美術展」において展示します。
展示最終日には、審査員による作品批評会を実施します。

1 募集部門
日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザイン

2 応募資格
福岡県内に在住する昭和34年4月1日以前に生まれた人
(福岡県美術協会会員は除く)

3 出品申込期間
平成30年4月2日(月曜日)から6月8日(金曜日)(消印有効)
所定の出品申込書を郵送ください。
必ず上記期間内にお申し込みください。
(期間外のお受付はしておりません)

4 展示
(1)会場 福岡県立美術館(福岡市中央区天神5丁目2-1)
(2)展示期間 第1期 平成30年7月3日(火曜日)から7月8日(日曜日)
第2期 平成30年7月10日(火曜日)から7月16日(月曜日・祝日)

5 その他応募の詳細について
応募要項 [PDFファイル/4.12MB]

応募要項(出品申込書)は、福岡県美術協会(シニア美術展係)、福岡県庁(5階スポーツ振興課)で配布しています。
また、4月下旬から順次、県内各市町村の役場
高齢者福祉担当課)・老人クラブ連合会・中央公民館・社会福祉協議会
などでもお受け取りいただける予定です 詳細はお問い合わせください。

6 出品等に関するお問い合わせ先
(公社)福岡県美術協会 (福岡県立美術館内)
電話 092-713-4200
Fax  092-791-1472

平成29年度 博多区文化・芸術展

投稿日:

平成29年度 博多区文化・芸術展が、2月1日(木)~2月6日(火)に福岡アジア美術館で開催されました。

区長賞に那珂フォトサークル 濱田 佐和子さんの「黄金の舞~ベリーダンス~」が選ばれました。

ベリーダンサーが黄金色の衣装に、包み込まれた作品です。
ご自分でトライされた背景の焼き込みにより、被写体が際立っています。

来場者の投票により選出された特別賞に、内野 公仁枝さんの「お花見」が選ばれました。
内野 公仁枝さんは、3度目の受賞になります。
1回の受賞なら、シャッターチャンスに巡り合う運もありますが、数度の受賞は実力の証です。
来年もチャレンジしましょう。

区長賞

濱田 佐和子  黄金の舞~ベリーダンス~

 

奨励賞

浦塚 徳子  力を合わせて

 

優秀賞

内野 公仁枝  お花見

 

第33回 城南市民アート展

投稿日:

 

 

 

第33回 城南市民アート展が今日(12月7日)から福岡アジア美術館で開催されています。

会長賞に別府サークルの徳永 順子さんの「立ち話」が選ばれました。

大濠公園で、アオサギと少年が立ち話をしているように見える作品です。子供の後ろで手を組んだ仕草が、「襲わないから安心して」と語ってるようでとても愛らしいです。

展示は12月12日までです。ぜひ、ご覧ください。

会長賞

徳永 順子  立ち話

 

城南区長賞

森崎 てい子  花嫁のれん

 

優秀賞

伊藤 裕一  もの想い

 

奨励賞

江川 恭子  祈り
平田 俊  子供の裏側

 

表彰式は12月10日(日)の16時から福岡アジア美術館8階あじびホールであり、16時45分から写真部門審査員 岡部 政治 氏(写真家 福岡市美術連盟 二科会写真部会員)によるギャラリートークが福岡アジア美術館8階交流ギャラリーで予定されています。

ご興味のある作品についての企画審査員への質問や、作者との懇談など、作品を介してのコミュニケーションが楽しめます。

申し込み不要、入場無料で,どなたでも参加できます。直接会場にお越しください。

第38回 中央市民文化祭 美術作品展

投稿日:

 

 

 

第38回中央市民文化祭、美術作品展が始まりました。
福岡市美術館が再来年の3月まで改装中のため、福岡アジア美術館での展示です。
全応募作品を展示するには、十分なスペースがないので、入賞、佳作のみの展示になります。

珍しい題材や面白い表現は、評価されやすいですが、よくある題材は、質の高さが求められます。
感性を高めて面白い題材を探すか、1つのテーマを探求して完璧な写真を目指しましょう。

会長賞  (敬称略)
手島 照子  雨に映えれば 小笹サークル

実行委員長賞
平田 俊   相棒

審査員賞
石井 章平  すべてお見通し 小笹サークル
今林 大子  朝霧 小笹サークル
岡崎 ロレッタ どこから来た?どこに行く? 警固サークル

新人賞
山口 キミヨ 春のおでかけ 小笹サークル

佳作
立石 悦朗  睨みあい(ハロン湾:ヴェトナム)小笹サークル
白井 茹子  光芒 小笹サークル
高木 みどり 朝倉、復興の兆し 警固サークル

おめでとうございます。

表彰式は、11月12(日)13時から、あじびホールであります。
終了後に交流ギャラリーで作品講評会があります。

展示は11月14日(火)まです。

福博写真の歴史

投稿日:
1967年 銀陽会総会

福岡、博多には、多くの写真団体がありますが、最も歴史のある写真団体は銀陽会でしょう。
銀陽会は、川崎満男氏により昭和28年に創立され、最盛期には、100名以上の会員が在籍していました。
フィルムの時代は、報道や、モノクロなどの部門に分けて、参加者の投票による順位付けと、審査委員による講評と順位付けを毎月行い、全国的にも有名なアマチュア写真家を輩出しました。
 
 

1960年代 コニーアイランドショー 大谷 宇一郎

現在6代目の会長を栗田貞雄氏がされています。
福岡市美術展の第一回の市長賞に選ばれた方で、中央区市民文化祭写真部門の審査を毎年されています。
銀陽会メンバーによると、昔は白煙灯で霧をつくったり、爆竹で鳥を驚かせて、一斉に羽ばたかせて撮影した事もあったそうです。パソコンでの合成写真より楽しそうですが、今すればクレームものですね。


 

1950年代  大濠公園撮影会 大谷 宇一郎
1950年代 百道浜撮影会 大谷 宇一郎

第33回 城南区市民アート展 作品募集

投稿日:


城南区では、市民アート展の募集が始まっています。

応募資格は、中学生以上で城南区居住、または城南区に通勤・通学されている方です。(区内の各種美術教室・講座受講生も含む)
各部門1人1点で、写真部門のサイズは4つ切り以上全紙まで。
出品料は無料で、全作品福岡アジア美術館に展示して頂けます。
展示は、12月7日から12日までですが、申込みがは9月29日までなので、出し忘れないように!

城南区のサークルメンバーは、講座時にまとめて受け付けます。

どうしても自分の作品を美術館に展示してもらいたいという方は、まだ間に合います。別府、片江、田島のサークルメンバーになってください。