告知

第33回 城南市民アート展


 

 

 

第33回 城南市民アート展が今日(12月7日)から福岡アジア美術館で開催されています。

会長賞に別府サークルの徳永 順子さんの「立ち話」が選ばれました。

大濠公園で、アオサギと少年が立ち話をしているように見える作品です。子供の後ろで手を組んだ仕草が、「襲わないから安心して」と語ってるようでとても愛らしいです。

展示は12月12日までです。ぜひ、ご覧ください。

会 長 賞

徳永 順子  立ち話

 

城南区長賞

森崎 てい子  花嫁のれん

 

優秀賞

伊藤 裕一  もの想い

 

奨励賞

江川 恭子  祈り
平田 俊  子供の裏側

 

表彰式は12月10日(日)の16時から福岡アジア美術館8階あじびホールであり、16時45分から写真部門審査員 岡部 政治 氏(写真家 福岡市美術連盟 二科会写真部会員)によるギャラリートークが福岡アジア美術館8階交流ギャラリーで予定されています。

ご興味のある作品についての企画審査員への質問や、作者との懇談など、作品を介してのコミュニケーションが楽しめます。

申し込み不要、入場無料で,どなたでも参加できます。直接会場にお越しください。